芝内研究室に興味のある学生の方へ

芝内研究室は2014年2月16日付で芝内教授が東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻に着任してできた比較的新しい研究室です。

非従来型超伝導や新奇な相転移現象など、物質中の電子が示す強い相互作用と量子効果により現れる新しい量子凝縮相の物理学的な研究を行っています。 ホームページのアドレスのqpmは、芝内研究室で研究を行っている物質中に現れる様々な量子相"Quantum Phases of Matter"の頭文字をとったものです。今後ホームページのコンテンツを徐々に整備していきたいと思います。

非従来型超伝導

超伝導の標準理論であるBCS理論では説明ができない超伝導体の機構解明を目指しています。

量子臨界現象

圧力や組成といったコントロールパラメータで秩序相を抑制した際に出現する量子臨界現象の研究を行っています。

電子ネマティック相

電子系が自発的に回転対称性を破る電子ネマティック状態の起源や、高温超伝導との関連性を研究しています。

新着・更新情報

受賞等

M2の石田氏が物質系専攻修士論文優秀賞、および田中昭二賞(物理工学優秀修士論文賞)を受賞しました。研究科長賞と合わせて前年の細井氏に続いてトリプル受賞です。
芝内教授が米国物理学会(APS)フェローに選出されました。受賞理由は"For pioneering measurements of the thermodynamic and transport properties of iron-based superconductors, playing a pivotal role in the development of the overall understanding of these systems."です
水上助教が高温超伝導フォーラム第1回若手研究奨励賞を受賞しました。「電子線照射を用いた不純物効果による鉄系超伝導体の超伝導対称性決定」の研究が評価されたものです。
過去の情報はこちら

最近の研究ハイライト

[2017年10月26日] 物理的圧力と化学的圧力の組み合わせによる新しい高温超伝導相の発見

鉄系超伝導体のセレン化鉄において、物理的圧力と化学的圧力の組み合わせにより、新しい高温超伝導相を発見しました。 この結果は大学院生の松浦さんらが物性研の上床研究室のキュービックアンビルセルを用いて行った実験による成果で、量子科学技術研究開発機構、日本原子力研究開発機構、京都大学等との共同研究です。 Nature Communications誌に掲載されました。詳しくはニュースリリースをご覧ください。

11月17日付の科学新聞2面に紹介記事が掲載されました。

[2017年8月15日] レアアース化合物における新奇な超伝導機構の解明

レアアース超伝導体CeCu2Si2において、超伝導秩序パラメータに符号変化がないことを明らかにし、磁気揺らぎ以外の新しい超伝導機構の存在を明らかにしました。 この結果は大学院生の竹中さんによる成果で、京都大学、英ブリストル大学、仏エコール・ポリテクニーク、独マックスプランク研究所との共同研究です。 Physical Review Letters誌に掲載され、Editors' Suggestionに選出されました。詳しくはニュースリリースをご覧ください。

[2017年6月23日] 38年を経て明らかになった非従来型超伝導の「先駆け」物質の電子状態

重い電子系超伝導体CeCu2Si2の超伝導対称性が長年信じられてきたd波ではなくs波であることを明らかにしました。 この結果は京都大学、物性研究所、英ブリストル大学、仏エコール・ポリテクニーク、独マックスプランク研究所との共同研究で、竹中さんが大きな寄与を果たし、Science Advances誌に掲載されました。 詳しくはニュースリリースをご覧ください。

過去の研究ハイライト一覧はこちら

ページの先頭へ戻る